工房棟
芸術家が作品を造る作業場です。
この場所は西側に位置し、美術館から一番近いところです。
来た人が見学できるようになっています。
 
短期滞在型工房付コテージ
芸術家が1週間〜10日滞在する為の宿であり、又、都会より学生やお客様を呼び、設計やインテリアの打ち合わせをして宿泊して頂ける施設です。
(作家、ファッションデザイナー等を呼ぶ事も考えています。総合的なアートの宿泊施設としたいのです)
滞在型工房付コテージ
芸術活動が好きで、自分でも作品を造り、この町の環境に長く滞在して作品を造りたい人の為の施設です。
滞在型工房付コテージは、1ヶ月〜1年を対象としていますが、滞在者がいない場合は、霧島アートの森のお客様など、一般の方々に開放し、宿泊可能とします。
建築工房及び手造り工房
建築の設計をする場であり、また、若い芸術家を教育するための施設です。
ここでは、芸術家の作品の展示会をしたり、教室を開いて、より多くの人に芸術に触れて頂きたいと思います。
インテリア工房
インテリアデザインをする施設です。
建築のインテリア、商業施設のインテリアを行います。将来的には海外のデザイナーを中心として活動していこうと考えています。
 
ゲストハウス棟
管理者が宿泊(常駐)し、このエリアの管理を行います。
又、この施設に来場する招待客を招く場所とします。
 
多目的棟(美術棟、レストラン、喫茶店)
ショップでは芸術家が造った作品を展示販売します。又、レストラン、喫茶店は、この施設に来場されたお客様の、休憩、語らいの場となります。


    Copyright (C) 2006 STUDIO ART KIRISHIMA all rights reserved