建築・インテリア工房
 無機質な都会の環境下での芸術活動には限界があり、芸術家が持つ本来の能力を発揮することが不可能なこともあり得ます。
だからこそ、霧島の素晴らしい環境と”霧島アートの森”という芸術集団の中で、建築家・インテリアデザイナーがこの”森”に身を置き、アートに毎日触れて芸術の環境に慣れることが、感性を生み出すことにつながり、よりクオリティーの高い作品が生まれることは明確であると思っています。

 その優れた芸術作品(デザイン)などを、都会へ発信する媒体としても建築工房とインテリア工房を「STUDIO ART KIRISHIMA」に配する必要性があります。
 仕事とは、どんな業種であれ、停滞することなく常に生きているものであり、芸術なら尚更のことです。ダイレクトに、そして芸術家の魂が込められた作品をそのままに都会へと発信させる為にも建築工房・インテリア工房を霧島に、”霧島アートの森”の側に構え、芸術家、デザイナーに芸術活動に専念してもらうサポート役を務めることも建築工房・インテリア工房の大切な役割のひとつだと考えています。



    Copyright (C) 2006 STUDIO ART KIRISHIMA all rights reserved